関大、高周波で抵抗が0に近づくという「ナノ微粒子焼成金属」を発見

2018年8月28日 10:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 関西大学の研究グループが、鉄とシリコンをナノ粒子のまま250度で焼成することで金属板(焼成金属ナノ多結晶金属体)を作成し、この金属板は高周波で抵抗が実効的に0mΩになることを発見したと発表している(発表PDF日刊工業新聞論文)。

 こうした現象が発生する理由としては、「透磁率の実部が負の場合(中略)この逆起電力の向きが逆転し、逆に電流が流れるのを補助するように働くため、実効的に抵抗が減少する」と説明されている。

 なお、これらの研究論文に対しては査読によるリジェクトが度々発生しているというTwitterでの指摘)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 変なモノ | サイエンス

 関連ストーリー:
石狩データセンターで超電導直流送電開始 2015年09月27日
磁力抵抗「ゼロ」の発電機? 2011年06月01日
常温での超電導状態を確認 2010年06月29日
絶縁体を超電導材料にする手法が開発される 2008年10月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース