ニコン、フルサイズミラーレスカメラ「ニコンZ」シリーズを正式発表

2018年8月26日 21:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia 曰く、 ニコンからフルサイズミラーレスカメラ「ニコンZ」シリーズ2機種が正式発表された(プレスリリースGANREFの記事価格.comの記事)。

35㎜判フルサイズ相当という事でFXフォーマットだが、マウントはマウント径55mm、フランジバック16mmの新開発「Zマウント」となっている。「Z7」が4,575万画素(9月下旬発売予定、約40万円)、「Z6」が2,450万画素(11月下旬発売予定、約25万円)、カメラ内センサーシフト式手ブレ補正は5軸駆動で最大5.0段の効果があるという。効果は弱くなるが、マウントアダプター FTZを介してNIKKOR F レンズ使用時にも機能する。

重量はバッテリーおよびメモリーカード込みで約675g、記録メディアはXQDカード。約210万ドットの3.2型TFT背面液晶モニターは上90度、下45度のチルト式でタッチ操作に対応する。約369万ドットの有機ELパネル電子ビューファインダーは視野率約100%、ファインダー倍率約0.8倍となっている。

専用のNIKKOR Z レンズ(ニコン)は、とりあえず「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」が用意される。Sとあるのは「S-Line」の意で、高性能を標榜する新シリーズとのこと。2020年までのレンズ発売ロードマップでパンケーキレンズの予定はないようだ。新製品発売当初の価格と比較するのは気が引けるが、競合となるD850(4,575万画素、約1,005g)は現在約32万円、SONY α7R III(4,240万画素、約657g)は現在約29万円である。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
NikonおよびCanonからフルサイズミラーレスカメラが出るらしい 2018年07月30日
ニコン、MFフィルム一眼レフ・MFレンズのメンテナンスを期間限定で受付へ 2017年12月13日
ニコン、中国での生産を終了へ 2017年10月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードミラーレスニコン

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース