Googleによるユーザーの位置情報記録問題、米国で集団訴訟に

2018年8月25日 23:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleが位置情報の記録について虚偽の説明をし、ユーザーの意思に反して位置情報を記録していたことに対するクラスアクション訴訟が米国で提起された(Ars Technicaの記事Mashableの記事Android Policeの記事訴状)。

この問題は、GoogleがAndroid端末またはGoogleアカウントで「ロケーション履歴」をオフにすれば位置情報の記録を無効にできると説明していたのにもかかわらず、Googleのアプリやサービスを使用した場合は位置情報が記録される可能性があるというものだ。APが報じた当初、Googleは明確な説明をしていると述べていたが、その後Androidユーザー向けヘルプの英語版ではロケーション履歴をオフにしても位置情報が記録される可能性に関する記述を追加している。
ただし、日本語版のヘルプiOSユーザー向けのヘルプは現在のところ変更されていない。また、APの記事ではGoogleアカウント設定の同じページにある「ウェブとアプリのアクティビティ」をオフにするとアプリやサービスの位置情報記録を無効にできると報じていたが、ロケーション履歴のヘルプ記事には変更後もこの点への言及はない。また、ウェブとアプリのアクティビティのヘルプでは位置情報が保存されると以前から記載されていたようだが、アカウント設定の説明では位置情報に言及していない。

訴状ではGoogleの行為がカリフォルニア州のプライバシー侵害法(CIPA)やカリフォルニア州憲法に違反すると主張。Google関係者と本件の担当判事および直接の家族を除き、ロケーション履歴を無効にしてGoogleに位置情報が記録されないように設定した米国在住者を対象に、Android端末ユーザー(Androidクラス)およびiPhoneユーザー(iPhoneクラス)をクラスとし、Googleに違法行為をやめるよう命じることや、過去に記録した位置情報の破棄を命ずること、適切な損害賠償を命ずることなどを求めている。

なお、Electronic Privacy Information Center(EPIC)では、本件が2011年にGoogle Buzzのプライバシー問題でGoogleが米連邦通信委員会(FTC)と交わした合意に反するとして、調査を求める書状をFTCに送付している。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | YRO | 法廷 | スラッシュバック | アメリカ合衆国 | プライバシ

 関連ストーリー:
Google、アプリで位置情報をオフにしても位置情報を保存していたとの報道を受けてヘルプを修正 2018年08月19日
iOS/AndroidのGoogle系アプリは位置情報の記録を無効にした場合でも位置情報を記録している 2018年08月15日
Google、Twitter風機能「Google Buzz」を発表 2010年02月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleiOSAndroidiPhone連邦通信委員会

広告

広告

写真で見るニュース

  • エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)
  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース