脳波を測定して運動意図を予測する技術が考案中

2018年8月22日 23:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 脳波を計測して運動意図を推定する技術が考案されていたそうだ(東工大の発表MIT Technology Review)。

 「運動を行う際に脳が運動を行った後の体の状態(運動結果)を予測する機能」を利用するもので、100ミリ秒以内の計測で、平均85%以上の精度で運動意図が推定できることが確認できたそうだ。

 脳波の計測には脳波計測キャップを使用し、訓練が不要で負荷が小さいというのが特徴。電動車椅子を操作するといった利用法が期待されるという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | サイエンス

 関連ストーリー:
心の声を読み取るウェアラブルデバイス「AlterEgo」 2018年04月10日
AIに仕事を奪われないためには「脳とコンピューターの直結」が必要? 2017年02月17日
世界初の脳波コントロール・ドローンレース 2016年05月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース