NVIDIA、GPUの新アーキテクチャ「Truing」を発表

2018年8月18日 15:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NVIDIAが新アーキテクチャ「Turing」を採用する新たなGPU「Quadro RTX」シリーズを発表した。従来のGPUのようなシェーダ/演算用のCUDAプロセッサ(「CUDA Core」)に加え、レイトレーシング用のプロセッサである「RT Core」、そして人工知能関連処理向けのプロセッサ「Tensor Core」を搭載するのが特徴(4gamerPC Watch)。

 こういった構成によって高速にレイトレーシング処理が可能となり、デモではレイトレーシングを使ってリアルタイムにレンダリングされた映像が披露されたという。また、Tensor Coreはノイズ除去といった処理にも利用できるとのこと。

 RTX 8000および6000、5000の3モデルがリリースされ、想定価格はそれぞれ1万ドル/6,300ドル/2,300ドルとなっている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
NVIDIA、メディアに「提出した情報はNVIDIAの利益のためだけに使え」という内容を含む契約の締結を求める 2018年06月27日
NVIDIA、16基のGPUを接続したスーパーコンピュータ「DGX-2」を発表 2018年03月29日
NVIDIAの最新GPU「TITAN V」、単体でSLI構成の既存GPUに劣らない性能 2018年03月05日
NVIDIA、GeForce搭載サーバーを提供するさくらインターネットに対し提供を止めるよう通知 2017年12月21日
NVIDIA、GeForceソフトウェアのデータセンターでの利用を利用規約で禁止 2017年12月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)NVIDIA

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース