トルコの科学出版社「WASET」、査読プロセスや開催の国際会議に疑義

2018年8月17日 13:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 昨年、ドイツのジャーナリストSvea Eckert氏などが率いるチームが「Inside the Fake Science Factory(偽科学工場の内幕)」というドキュメンタリー番組のため、偽科学出版社や科学会議に関する調査を行った。ここで取り上げられた出版社は「WASET」と名乗り、数多くのオープンアクセスジャーナルを発行しているとされる。しかし、その実態は単なる印刷工場にすぎないのだという。この組織はトルコに拠点を置いており、偽の会議やジャーナルを通じて4百万ドル以上の収入を得たと推定されている。

 一見すると、WASETは正当な組織であるように見える。そのWebサイトには世界中の数千もの学会があり、2031年までスケジュールが組まれている。内容についても、オープン・サイエンス、ピア・レビュー、学際的、月単位、国際宇宙工学から栄養学まで網羅している。しかし、査読プロセスに精通している科学者から見ると、WASETのサイトには数多くの間違いがあるという(DeutschlandfunkBoing BoingSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
著書の偽装や査読者偽装という大胆な論文不正行為 2016年01月05日
実在しない出版社の本を参考文献として上げていたWikipediaの記事が複数見つかる 2015年07月02日
急増する「偽学術誌」 2013年04月11日
歴史に残る偉大な「イカサマ科学」、ベスト7 2008年10月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトルコ

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース