放射線を使った食品の殺菌 日本では認められない理由は

2018年8月15日 10:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 放射線を使った殺菌は、対象を加熱せずとも殺菌できるという利点がある。この手法は日本では認可されておらず事実上使われていないが、海外では採用例が相次いでいるという(産経新聞)。

 日本は放射線殺菌が行われた食品の輸入も禁止しており、もし輸入時に照射が判明した場合は破棄される。日本でも過去に一時的に放射線による殺菌について議論が出たこともあったが、その後の進展はないそうだ(過去記事)。また、今年度農林水産省が放射線照射の研究予算を確保したが、これは海外輸出目的だという。

 これに対し、ネットではなぜ日本では認可されないのかが議論になっている

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | サイエンス

 関連ストーリー:
放射線を学べるRPG、登場 2018年05月08日
原発事故による甲状腺被曝推計、2013年報告書は過大評価だったことが判明 2017年10月25日
福島原発事故に由来する被曝、子供や次世代への影響はないとの結論 2017年09月22日
厚労省、放射線による生レバーの殺菌を研究へ 2012年07月28日
東京電力の福島第一原発グッズ、販売中止に 2018年08月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード農林水産省

広告

広告

写真で見るニュース

  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース