SSDに使用のフラッシュメモリ、リマーク品騒動が続く

2018年8月14日 23:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 以前、「低価格なSSDでは低品質なフラッシュメモリが使われている可能性がある」という話があったが、今度は秋葉原で販売されていた低価格のSSDを分解して「Micron」ロゴが描かれたチップの表面を削ったところ、「Spectek」というロゴが出てきたという話が出ている(Togetterまとめ)。

 SpectekはMicronのセカンドブランドの1つであり、Micronの要求品質に合格しなかったものを再利用しているのではないかという疑いの声もあるブランドである。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
低価格なSSDでは低品質なフラッシュメモリが使われている可能性がある 2018年06月07日
Intel NICの偽造品が新たに流通か? 2016年02月26日
米国でCorei7の拙劣な偽造品が出回る 2010年03月11日
大規模Athlonリマーク工房が台湾で摘発 2005年01月03日
Intel製GbEカードの偽造品が出回る 2003年11月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSSD

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース