SSDに使用のフラッシュメモリ、リマーク品騒動が続く

2018年8月14日 23:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 以前、「低価格なSSDでは低品質なフラッシュメモリが使われている可能性がある」という話があったが、今度は秋葉原で販売されていた低価格のSSDを分解して「Micron」ロゴが描かれたチップの表面を削ったところ、「Spectek」というロゴが出てきたという話が出ている(Togetterまとめ)。

 SpectekはMicronのセカンドブランドの1つであり、Micronの要求品質に合格しなかったものを再利用しているのではないかという疑いの声もあるブランドである。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
低価格なSSDでは低品質なフラッシュメモリが使われている可能性がある 2018年06月07日
Intel NICの偽造品が新たに流通か? 2016年02月26日
米国でCorei7の拙劣な偽造品が出回る 2010年03月11日
大規模Athlonリマーク工房が台湾で摘発 2005年01月03日
Intel製GbEカードの偽造品が出回る 2003年11月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSSD

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース