『シンカリオン』エヴァコラボ回が話題に!再放送も急遽決定

2018年8月12日 21:35

小

中

大

印刷

 今月11日に放送されたTVアニメ『シンカリオン』第31話は、『エヴァンゲリオン』のコラボ回として大きな話題となった。

【こちらも】2020年に公開!?『エヴァンゲリオン』劇場版予告が映画館で流れる

 放映前に流された予告映像は、公式やtwitterなどを合わせると再生回数は200万回を越え。さらに放送時間にはtwitterのトレンドを独占し、13日の深夜に再放送が急遽決定している。

■エヴァ新幹線からシカリオンへと変形!


 毎週土曜日・朝7時からTBS系で放送されているTVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』。そのタイトル通り、さまざまな新幹線が“ロボット変形”し、敵の巨大怪物と戦うアニメである。

 そんな『シンカリオン』だが、今月11日に放送された31話「発進!!シンカリオン500TYPE EVA」では、『新世紀エヴァンゲリオン』とのコラボ回で話題となった。

 まず『シカリオン』のTVアニメ公式サイトが『エヴァ』仕様となり、作中ではエヴァのキャラクターがオリジナル声優と共に多数登場したのだ。

 エヴァには新幹線から由来した名前を持つキャラ「洞木ヒカリ」と、その姉妹として名前しか登場していなかった「ノゾミ」と「ヒカリ」が居る。しかし2015年にエヴァ新幹線のため鶴巻和哉監督がデザインしたキャラクターが公表され、今回その姉妹がアニメに初登場したのだ。このコラボ回では、ヒカリ役のオリジナル声優・岩男潤子氏が洞木三姉妹の声を担当している。

 また敵として現われた巨大怪物“キングシトエル”の姿は、どこをどう見てもエヴァの作中で登場したさまざまな“使徒”の集合体。さらに31話では『シンカリオン』の世界と『エヴァ』の世界が入り交じり、新幹線500TYPE EVAがシンカリオンへと変形する際には、EVA主題歌「残酷な天使のテーゼ」がBGMに使われた。(※エヴァのBGMはTV放送のみとなっている)

 もちろんエヴァのメインキャラも多数登場、twitterではトレンド上位を独占。30話で放送された31話の予告は、アニメ公式やタカラトミーのツイッターなどを合わせると、その再生回数は200万回を越えている。(※現在はタカラトミー公式twitterのみで視聴可能)

 シンカリオンへとロボット変形する「新幹線500 TYPE EVA」はタカラトミーの公式動画で見ることができる。

 この反響を受け、今月13日深夜25時03分に急遽31話の再放送が決定。また現在YouTubeチャンネル「シンカリオンTV」では、1話~30話までを17日24時までの期間限定で一挙配信中だ。

 元々エヴァと思われるネタが時々見かけられた作品だが、このコラボ回ではそれが随所に盛り込まれていたので是非とも確認して欲しい。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーションエヴァンゲリオンタカラトミー新幹線TBS

「アニメ・マンガ・特撮」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース