マルコ 1Qは新事業領域の拡大により増収を達成

2018年8月10日 21:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:06JST マルコ---1Qは新事業領域の拡大により増収を達成
マルコ<9980>は10日、2019年3月期第1四半期連結決算を発表した。売上高は前年同期比19.4%増の40.59億円、営業損失は4.25億円(前年同期は0.42億円の利益)、経常損失は3.70億円(前年同期は0.68億円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失は4.07億円(前年同期は3.45億円の利益)となった。各段階利益については、主力製品の生産の遅れ

婦人下着及びその関連事業の売上高は33.89億円となった。体型補整下着の主力製品「Curvaceous(カーヴィシャス)」が好調な予約に対して生産ラインの遅れが発生したため、第2四半期以降に売上、利益ともにずれ込むことになったが、これは挽回が見込まれている。新規顧客の獲得は、東京を中心とした首都圏でのテレビCMを放映するなどメディアプロモーションを強化したことにより、新規来店客数が前年同期に比べ5,000名を超える大幅増加となった。店舗展開では、同社初の新規専門店「Avenir MARUKO 新宿センタービル店」を開設したほか、大宮店、広小路伏見店を新設するとともに、上野店」など4店舗を大規模リニューアルし店舗環境の整備を推進した。また、商品展開では、商品ラインナップの拡充が着実に進んだ。
マタニティ及びベビー関連事業の売上高は6.72億円となった。自社ECサイト及び大手ショッピングモールでの販売が堅調に推移し、ベビー向けの商品販売では、アパレルからチャイルドシートなど幅広い商品の拡充により、前年同期比132%と好調に推移した。

2019年3月通期の連結業績予想については、売上高は前期比29.4%増の193.00億円、営業利益は同55.5%増の14.00億円、経常利益は同55.6%増の12.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同47.7%減の8.00億円の期初計画を据え置いている。《SF》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース