10日の日本国債市場概況:債券先物は150円27銭で終了

2018年8月10日 19:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:06JST 10日の日本国債市場概況:債券先物は150円27銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2018年9月限
寄付150円14銭 高値150円30銭 安値150円14銭 引け150円27銭
売買高総計34467枚

2年 391回 -0.120%
5年 136回 -0.080%
10年 351回 0.095%
20年 165回 0.605%

債券先物9月限は、150円14銭で取引を開始。米国とトルコの関係悪化にともなうトルコリラの急落を受けて、欧州金融機関への影響を懸念する見方からユーロ・円が急落。円高・株安となったことで買いが優勢になり、150円30銭まで上昇した。現物の取引では、全年限買いになった。

<米国債概況>
2年債は2.63%、10年債は2.89%、30年債は3.05%近辺で推移。
債券利回りは低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.34%、英国債は1.26%で推移、オーストラリア10年債は2.59%、NZ10年債は2.57%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・7月消費者物価指数(前年比予想:+2.9%、6月:+2.9%)
・21:30 カナダ・7月失業率(予想:5.9%、6月:6.0%)
・03:00 米・7月財政収支(予想:-760億ドル、17年7月:-429.39億ドル)《KK》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース