マザーズ指数は4日ぶり反落、メルカリとミクシィ大幅安で1000pt割れ目前まで調整/マザーズ市況

2018年8月10日 15:43

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:43JST マザーズ指数は4日ぶり反落、メルカリとミクシィ大幅安で1000pt割れ目前まで調整
 本日のマザーズ指数は4日ぶりに反落した。前日に市場予想を下回る決算を発表したメルカリ<4385>やミクシィ<2121>が揃って大幅安となったことから、朝方からマザーズ銘柄全般に売りが先行した。また、注目された日米貿易協議(FFR)が10日まで延長されたことで協議内容を見極めたいとの思惑が広がり、週末要因のポジション調整の動きも相まって、節目の1000pt目前まで調整した。なお、マザーズ主力銘柄の軟調推移によって個人投資家のセンチメントは悪化し、東証1部の個人投資家の関心が高いとされる銘柄の一角にも売りが波及する展開となった。なお、売買代金は概算で829.65億円。騰落数は、値上がり78銘柄、値下がり179銘柄、変わらず5銘柄であった。
 値下がり率上位では、データホライゾン<3628>が20%超の下落となったほか、ブティックス<9272>やパルマ<3461>もそれに続いて大幅安に。売買代金上位では、前述のメルカリが10%安、ミクシイは7%安になり、2銘柄で指数を約17pt押し下げた。そのほか、ユナイテッド<2497>など指数インパクトの大きい銘柄が軟調。一方で、ALBERT<3906>、エナリス<6079>、JIA<7172>などは上昇。《SK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース