注目銘柄ダイジェスト(前場):日本電工、ヨータイ、荏原製など

2018年8月10日 12:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:20JST 注目銘柄ダイジェスト(前場):日本電工、ヨータイ、荏原製など


メルカリ<4385>:4260円(-475円)
大幅に4日ぶり反落。18年6月期(17年7月-18年6月)の営業損益を44.22億円の赤字(前期実績27.75億円の赤字)と発表している。フリマアプリの累計ダウンロード数は順調に伸びたものの、人員増加や広告宣伝などの費用で損失が膨らんだ。19年6月期の通期予想は合理的な算定が困難であるとして公表していない。また、決済サービス事業を12月1日付で完全子会社のメルペイ(東京都港区)に吸収分割により承継させる。


COOKPAD<2193>:427円(-47円)
大幅反落。前日に第2四半期決算を発表、営業利益は15.8億円で前年同期比57.2%の大幅減益となった。会員事業及び広告事業の売上収益が低迷した一方で、人員強化によるコスト増などで販売管理費が増加している。決算を受けて、SMBC日興証券では投資判断「3」を継続、目標株価を500円から420円に引き下げている。業績予想を下方修正、18.12-20.12期の営業利益は従来比30%減額しているようだ。


荏原製<6361>:3740円(+435円)
急伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は147億円で前年1-6月との比較で39%減となった(前期が変則9カ月だったため、会社参考値)。ただ、1-3月期の64%減益に対して、4-6月期は同3.6倍と急回復しており、警戒感が払しょくされる形となっている。また、通期受注高は従来予想の5450億円から5550億円に上方修正、風水力事業を引き上げている。CMPの受注も好調であり、来期以降の業績に対しても安心感が強まる。


日本電工<5563>:255円(-68円)
大幅続落で一時下落率トップ。前日に上半期決算を発表、営業利益は26億円で前年同期比49.9%の大幅減益、1-3月期同様に4-6月期も大幅な減益となった。また、通期予想は従来の50億円から22億円に下方修正、下半期は営業赤字となる見通しへ。製品市況の低迷による販売価格の下落、主原料であるマンガン鉱石の価格上昇などで、マージンが悪化する見通しに。年間配当も従来計画の10円から6円(前期13円)にまで引き下げている。


ヨータイ<5357>:931円(+150円)
ストップ高。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は12.5億円で前年同期比2.5倍と急拡大している。上半期予想は従来の12億円から21.5億円に、通期は24億円から36億円にそれぞれ大幅上方修正。主要ユーザーの鉄鋼メーカーが高い生産量を継続しているほか、セラミック関係のユーザーも順調に推移し、耐火物の需要が想定以上に底堅いようだ。今期減益見通しがネガティブインパクトにされた経緯もあり、反動も強まる形へ。


昭和シェル<5002>:1983円(+142円)
大幅反発。前日に上半期の決算を発表、営業利益は740億円で前年同期比3.2倍となった。7月に発表した上方修正数値をやや上回る着地に。15カ月決算となる通期予想は、従来の980億円から1580億円に上方修正へ。同時に配当予想も52.5円から106円に引き上げ、上限600万株の自社株買い実施も発表している。出光興産との合併を控えるが、統合比率はまだ決定しておらず、同社のプレミアム期待などが高まる形にも。


SOSEI<4565>:1408円(+39円)
大幅に3日ぶり反発。グループの業績が19年12月期に改善に向かうとの予測を発表している。1. 新規提携に伴う一時金が見込まれる 2. 研究開発に関する既存の提携先からの重要なマイルストンに関する収益(約500万米ドル以上)が見込まれる 3. 20年までの医薬品開発のための十分な資金を確保している—ことが理由。18年12月期第1四半期(18年4-6月)の営業損益は17.83億円の赤字(18年3月期第1四半期実績7.31億円の黒字)だった。


マクドナルド<2702>:5020円(+85円)
大幅に続伸。18年12月期第2四半期累計(18年1-6月)の営業利益を前年同期比41.6%増の133.47億円と発表している。ディナー時間帯に「夜マック」を全国的に導入したことに加え、自分だけの味わいを楽しめる「マックの裏メニュー」などの企画を実施し、利益拡大に寄与した。通期予想は前期比15.3%増の218.00億円で据え置いた。進捗率は61.2%に達している。


GMO<9449>:1969円(-262円)
急反落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は117.8億円で前年同期比57.2%増益、想定を上回る大幅増益となったものの、ラクスル<4384>やメルカリ<4385>の株式売却の効果が大きく、一過性要因を除くとほぼ想定通りの着地だった。一方、仮想通貨のマイニング事業に関しては、ビットコイン価格の下落や電力コストの上昇などで4-6月期は赤字となっており、警戒感が強まる形のようだ。


ミクシィ<2121>:2661円(-174円)
大幅に続落。19年3月期第1四半期(18年4-6月)の営業利益を前年同期比45.4%減の110.29億円と発表している。スマートフォンゲーム「モンスターストライク」を主力とするエンターテインメント事業のセグメント利益が減少したほか、家族向け写真・動画共有アプリなどのライフスタイル事業がセグメント損失に転じた。通期予想は前期比33.7%減の480.00億円で据え置いた。進捗率は約23%。


ニプロ<8086>:1483円(+138円)
急反発。前日に発表した第1四半期決算が好感される展開になっている。営業利益は75億円で前年同期比21.9%増益、上半期、通期計画ともに2ケタ減益予想であり、想定外の好スタートと捉えられている。治験費用の期ズレ、ジェネリックの単価下落が想定よりも緩やかだったことなどが大幅増益の主因とみられる。ジェネリックは数量も大きく増加しているほか、透析関連事業の好調持続などにも評価が高まる。《ST》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース