KLab大幅反発で同社株を対象とするコールは2倍に上昇(9日10:01時点のeワラント取引動向)

2018年8月9日 11:22

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:22JST KLab大幅反発で同社株を対象とするコールは2倍に上昇(9日10:01時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価上昇が目立つKLab<3656>コール5回 12月 1,650円を順張り、昭和電工<4004>コール9回 1月 5,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ日本マイクロニクス<6871>コール17回 12月 1,400円を逆張り、日本マイクロニクスコール15回 12月 1,200円を逆張り、住友金属鉱山<5713>コール202回 11月 6,300円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはアルバック<6728>コール17回 9月 4,900円、アルバックコール14回 9月 6,000円、昭和電工コール10回 1月 6,200円、日産自動車<7201>コール233回 1月 1,100円、みずほフィナンシャルグループ<8411>コール343回 10月 220円などが見られる。

上昇率上位はKLabコール3回 10月 1,900円(前日比2倍)、スズキ<7269>プット21回 10月 6,000円(+82.9%)、アルバックプット15回 9月 4,300円(+64.7%)、スズキプット22回 10月 6,500円(+63.7%)、KLabコール6回 12月 2,050円(+57.1%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース