野辺山宇宙電波観測所、財政難で閉鎖の可能性も

2018年8月7日 23:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 国立天文台の野辺山宇宙電波観測所が、財政難を理由に外部研究者との共同利用研究を中止する可能性が高いという。最悪観測所が閉鎖される可能性もあるようだ(産経新聞日経新聞)。

 国立天文台は「すばる望遠鏡」など、より新しい大型望遠鏡へ予算を重点的に配分していることが影響したそうだ。少なくとも、来年6月以降は周辺の宿泊設備が閉鎖されるため、野辺山での観測作業は行えなくなるという。

 (追記@16:10)なお、すばる望遠鏡についても予算は10年前と比べて約半分になっており、大きな影響を受けているという(三菱電機)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
岡山天体物理観測所が国立天文台から離れます 2018年03月28日
普段は夜間立ち入り禁止の野辺山観測所で「星空の撮影会」開催、参加者募集中 2016年04月19日
10月8日は皆既月食、国立天文台の「皆既月食を観察しよう 2014」キャンペーン 2014年10月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国立天文台すばる望遠鏡

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース