ホンダ・スーパーカブ誕生60周年記念の期間限定モデル発売 10月末まで

2018年8月3日 12:00

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

スーパーカブ60周年を記念した期間限定車、スーパーカブ110・60周年アニバーサリー(マグナレッド)、受注期間は11月22日から

スーパーカブ60周年を記念した期間限定車、スーパーカブ110・60周年アニバーサリー(マグナレッド)、受注期間は11月22日から[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは、「スーパーカブ」の誕生60周年を記念し、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で多くのユーザーに支持されている特別なカラーリングを施した「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」と「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を受注期間限定で発売する。受注受付期間は2018年8月1日から10月31日まで。発売は11月22日。

【こちらも】ホンダ・新型スーパーカブC125 第二種原動機付自転車の125ccクラスの実用車

 スーパーカブ50&110・60周年アニバーサリーは、1963年に米国で展開され話題を呼んだ「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」広告に描かれたイメージイラストをモチーフとして、マグナレッドを主体としたボディカラーに、ツートーン仕様のシートやブラック塗装のリアキャリアを採用するなど、特別なカラーリングを施したモデルだ。

 さらに、スーパーカブ誕生60周年の記念エンブレムをサイドカバーとキーに採用し、特別で限定感にあふれた1台としている。

 スーパーカブシリーズは、1958年8月に初代モデル「スーパーカブC100」を発売して以来、低燃費や静粛性、信頼・耐久性に優れた4ストロークエンジンを搭載し、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームや、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチの採用などで、幅広いユーザーに愛用されているロングセラーモデルだ。

 現在、シリーズとしての世界生産累計は、約1億200万台(2018年6月末時点)を超え、生活に密着した二輪車として世界中で高い評価されている。

 今回の検定車は、車体色には鮮やかなマグナレッドを主体に、バージンベージュのレッグシールドとサイドカバーを採用。より高級感のあるツートーンシートと、ブラック塗装を施したリアキャリアなどを合わせ、特別感のある外観としています。

 また、メーターを縁取るリングとフロントカバーのエンブレムにクロームメッキを、サイドカバーとキーに60周年を記念した専用エンブレムを採用することで、より存在感を高めた仕様としている。

 特別仕様車の価格は、スーパーカブ50が24.3万円、スーパーカブ110が28.62万円。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ホンダ、プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を追加、発売
ホンダとパナ、電動2輪車のバッテリーシェア実証実験、インドネシアで
フォーミュラE第4シーズン、いよいよ大詰め! 来年からは日産もついに参戦

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業特別仕様車ローム二輪車(バイク)スーパーカブ

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース