コピーガード「Denuvo」のクラックを研究していたクラッカー、摘発される

2018年8月3日 00:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 PC向けゲームで採用されているコピーガード技術「Denuvo」の無効化(クラック)について研究していたブルガリア在住のクラッカーが逮捕されたことが報じられている

 このクラッカーは「REVOLT」というハッカーグループを率いていたとのことだが、このグループのWebサイトが突如閉鎖され、その後本人が告訴されたことをRedditに投稿したとのこと。Denuvo社もクラックを理由に摘発を行なったことを認めているという。

 Denuvoに対してはパフォーマンス低下などの問題も指摘されており、そうしたことへの反発からこのクラッカーはDenuvoの研究を進めていたそうだが、摘発によって今後はクラック研究から手を引く意向を示しているという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | DRM | YRO | 海賊行為

 関連ストーリー:
コピーガードを開発するDenuvo社、顧客からのメールや営業情報などを流出させる 2017年02月08日
「バイオハザード7」のコピーガードが早々に破られて海賊版が出回っているという話 2017年02月02日
最強のコピーガードと言われる「Denuvo」、数週間で破られる 2016年09月02日
B-CASカード不要で有料放送を視聴できるプログラムを独自に開発・公開した17歳少年が逮捕される 2016年06月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラックハッカーDenuvo

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース