シベリアの永久凍土から見つかった線虫、4万年の時を経て復活

2018年8月2日 11:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 4万2000年に渡ってシベリアの永久凍土内で凍っていた線虫が解凍され、息を吹き返したそうだ。これは、長期に渡って永久凍土内で眠っていた多細胞生物が復活する初めての事例だという(Live ScienceDoklady Biological Sciences誌掲載論文GIGAZINE)。

 今回確認された線虫は長さ1ミリメートルほどのもので、地表から1.3km地下の場所でも生存できるという特徴を持つ。研究者らは永久凍土から採取した300のサンプルを分析し、そこから2匹の線虫を発見。これを隔離した実験装置内で解凍したところ、体の移動や摂食といった生命活動を確認できたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ニュース | サイエンス

 関連ストーリー:
北極の氷に膨大な量の水銀が含まれることが判明。温暖化で溶け出す可能性も 2018年02月09日
絶滅した「ホラアナライオン」、ロシアの永久凍土から発見される 2017年11月16日
シベリアで炭疽病が発生し死者を出す。高温で永久凍土から溶けて菌が増殖? 2016年08月06日
ロシアと韓国、マンモスのクローン復元を目指し共同研究を開始 2015年09月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース