バチカン、教皇の「お告げの祈り」同時翻訳のアプリ公開

2018年8月1日 23:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

KAMUI曰く、 ローマ教皇庁(バチカン)が、教皇が毎週日曜の正午などに行なっているアンジェルス(お告げの祈り)を同時翻訳するためのアプリを公開したそうだ(バチカンニュースAFP)。

 Vatican Audio(バチカン・オーディオ)というこのアプリ、フランシスコ教皇がイタリア語で行なう祈りをスペイン語、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語に翻訳するもの。アルゼンチン出身で母語がスペイン語の教皇がスペイン語で話す時はイタリア語への翻訳にも対応するとのこと。なお、App Storeにあるのは確認できたが、Android向けはちょっと判らなかった。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア

 関連ストーリー:
バチカン・サンピエトロ広場付近にマクドナルドが出店計画、聖職者などは反発 2016年10月22日
英国のEU離脱、国民投票の再実施を求める請願サイトにバチカンから4万件超の署名 2016年07月02日
気候変動懐疑論者ら、温暖化対策を支持したローマ法王を批判 2015年05月02日
バチカン図書館、所蔵する貴重文献をNTTデータの技術を用いデータ化へ 2014年03月26日
ローマ教皇曰く「インターネットは神からの贈り物」 2014年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードバチカン

広告

広告

写真で見るニュース

  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース