Google Play、暗号通貨採掘アプリを禁止

2018年7月30日 00:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

GoogleがGoogle Playのデベロッパーポリシーを更新し、暗号通貨採掘アプリを禁止した(Android Policeの記事SlashGearの記事)。

禁じられるのは端末上で暗号通貨の採掘(マイニング)を実行するアプリで、採掘をリモート管理するアプリは認められる。また、子供を引き付けるキャラクターなどを使用した成人向けテーマのアプリや、爆発物や銃器などの販売を促進するアプリも禁じられた。

このほかコンテンツの繰り返し禁止ポリシーが追加され、他のアプリのコンテンツをコピーしただけのアプリや、「コンテンツやユーザー エクスペリエンスがほとんど同じ」複数のアプリの公開が禁じられた。このポリシーにより、同じアプリの広告付き無料バージョンと広告なし有料バージョンを公開している開発者からは、一方が公開停止になったとの報告も出ている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | ソフトウェア | デベロッパー | Android

 関連ストーリー:
Apple、絵文字の使用や暗号通貨採掘の規定などを明記したApp Store審査ガイドライン改定 2018年06月09日
Google Play、偽IDカードなどの生成アプリを禁止 2018年04月15日
Apple、無料アプリの名称に「Free」を含めることを禁じる 2017年03月31日
Google Playのデベロッパーポリシー、他のアプリ内の広告をブロックするアプリを禁止 2016年03月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidGoogle Play

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース