Bluetoothの実装に脆弱性、AppleやIntelの製品に影響

2018年7月27日 20:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 一部のBluetoothデバイスで、通信の暗号化に使われている「楕円曲線ディフィー・ヘルマン(ECDH)鍵交換」の実装に不備があることが明らかになった。これを悪用することで第三者が暗号鍵を入手したり、通信内容の傍受、改ざんなどを行える可能性があるという(マイナビニュースITmedia)。

 影響を受ける可能性がある製品のベンダーとしてはAndroid Open Source ProjectやApple、Broadcom、Google、Intel、Qualcommが挙げられている。Microsoftや製品については影響なしとなっている。なお、Appleは2018年7月9日にリリースした「macOS High Sierra 10.13.6」でこの問題に対処済みとのこと。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
AQUOS SERIE mini SHV38でBluetooth出力が規定値を超える、ソフトウェア更新をしないと電波法違反になる恐れも 2018年05月31日
非常に多数のBluetoothデバイスに影響する脆弱性が見つかる 2017年09月14日
2.4GHz帯ワイヤレスマウス/キーボードのUSBドングルに存在する脆弱性「Mousejack」 2016年02月28日
Bluetoothを利用する活動量計にセキュリティ脆弱性 2016年02月06日
INAXのスマホ対応便器で脆弱性が発見される 2013年08月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle脆弱性AndroidAppleBluetoothQualcommMicrosoftIntel

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース