ポルシェ、新型マカンを上海で発表

2018年7月27日 07:25

小

中

大

印刷

(画像はポルシェ)

(画像はポルシェ)[写真拡大]

写真の拡大

  • (画像はポルシェ)
  • (画像はポルシェ)
  • (画像はポルシェ)
  • (画像はポルシェ)
  • (画像はポルシェ)
  • (画像はポルシェ)
  • (画像はポルシェ)
  • (画像はポルシェ)

■アウディはドイツ、ポルシェは上海でお披露目

 ポルシェは25日、コンパクトSUVのマカンを改良し上海で発表した。マカンは2014年の発売から世界累計販売35万台を超える人気モデル。そのマカンがデビューから4年目にして初めての本格改良となった。

【こちらも】ポルシェ、「911スピードスター」コンセプト発表 500ps超のオープントップ

 同日、ドイツではアウディが新型「Q3」を発表しており、人気が高まるコンパクトSUVをリードするふたつの車種に、世界中が注目している。そして、改良モデルとはいえ中国でのデビューとなる「マカン」が、この巨大市場を最優先とする狙いがハッキリと現れている。ポルシェによると、上海で発表されたモデルは最大のマーケットである中国市場でのみ提供するとし、各市場向けのモデルは順次発表されるとしている。

■LEDを活用したフェイスチェンジ

 新型マカンのエクステリアは、LEDヘッドライト、立体的なLEDテールライトが横一列につながる新デザインのテールランプ、そして4灯式のブレーキランプがブランドのアイデンティティを反映、スポーティかつモダンなエクステリアに磨きがかかっている。これらは「パナメーラ」などポルシェの最新モデルと共通の手法でもある。LEDランプ類はデザインの自由度が高く、フロントの表情を劇的に変化させるため、ブランドのデザインセンスが問われている。

 また、イメージカラーの「マイアミ・ブルー」を始め、「マンバ・グリーン・メタリック」、「ドロマイト・シルバー・メタリック」、「クレヨン」などの新しいボディカラーと、新しいインテリア・パッケージを組み合わせることで、マカンはこれまで以上にカスタマイズ可能となっている。

 インテリアでは、11インチタッチスクリーン、再設計されたエアベントと再配置された通気孔などダッシュボードのデザインを変更。ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)を通じて、マカンは多数のデジタル機能との接続を可能としている。911から慣れ親しんだ小径のスポーツステアリングをオプションで用意し、一体化されたモードスイッチ+スポーツレスポンスボタンも、「スポーツクロノパッケージ」として設定されている。

■オフロード運転体験を記録しマカンで分析

 さらに、マカンにはコネクト・プラス・モジュールが装備されているため、すべての車両が完全にネットワーク化されて標準装備されている。そのてめ、音声制御やリアルタイム交通情報など、さまざまなデジタル機能とサービスの基盤となり、このシステムの重要な要素の1つが、最先端の集団ベースのトラフィックデータを提供する「Here Cloud」接続で、オフロード運転体験を記録してマカンで分析することも可能となる。

 今回の改良では、エンジンなど基本的なメカニズムに変更はないが、シャーシを再チューニングし、新開発タイヤを採用するなど、走行性能だけではなく快適性をも向上させている。(田中秀雄)

関連キーワードSUV中国ポルシェ

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース