東京為替:ドル・円はもみあい、ECB理事会控え様子見か

2018年7月26日 13:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:17JST 東京為替:ドル・円はもみあい、ECB理事会控え様子見か
26日午後の東京市場でドル・円は110円80銭付近でもみあう展開が続く。日経平均株価や上海総合指数は前日終値を下回り、株安を意識した円買いに振れやすい。反面、米ダウ先物はプラス圏を維持しており、ドル売りは仕掛けづらいもよう。材料が乏しいなか、今晩開催の欧州中銀(ECB)理事会を控え様子見ムードが広がっているようだ。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円71銭から111円04銭、ユーロ・円は129円92銭から130円28銭、ユーロ・ドルは1.1722ドルから1.1741ドルで推移した。《MK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース