盗難クレジットカードの資金洗浄にスマホゲームのアイテム課金利用

2018年7月24日 11:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 盗難クレジットカードを使って「基本プレイ無料」タイプのスマートフォンゲームのアカウントを作り、ゲーム内アイテムの売買を行って資金を得るという行為が確認されたという(GIGAZINE)。

 手口としては、盗難したクレジットカード情報を使ってクレジットカードに紐付けられたアカウントを大量に作成し、ゲーム内アイテムやアカウントの売買を行うことで資金を得るというもの。こういった「資金洗浄」に使われていたのはいずれも基本無料の「クラッシュ・オブ・クラン」および「クラッシュ・ロワイヤル」、「MARVELオールスターバトル」の3タイトルだそうだ。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 犯罪 | ゲーム | お金

 関連ストーリー:
ウォズ、ビットコインを詐取された体験を語る 2018年03月02日
盗難クレジットカードの換金に悪用されるゲームのシリアルコード転売 2016年03月27日
ダウンロード版ゲームのプロダクトコードを安価で販売するサイト、ゲームメーカーから批判される 2015年05月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース