NEC、台湾セブンの無人店舗に顔認証AIによる無人決済を導入 入退店管理も

2018年7月24日 08:32

小

中

大

印刷

決済の様子。(画像: NECの発表資料より)

決済の様子。(画像: NECの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「X-STORE」本社ビル店。

 NECは23日、台湾セブンイレブンが開設した無人の未来型コンビニ「X-STORE」に対し、顔認証AIシステムと画像認識を利用したPOSシステムを提供したと発表。顔認証システムは利用者の入退店および決済において活用され、無人の店舗内におけるセキュリティの向上と共に新たな買い物スタイルを実現する。

 具体的な活用方法だが、店舗の入口横に端末を設置し、顔画像を登録できるようにする。この画像と、入退店時に通過するゲートのカメラで撮影した顔画像を照合。これにより本人確認を行い、さらに入店の際には、利用者に合ったメッセージをゲートのモニターに表示する。

 「X-STORE」の決済には、台湾セブンイレブンを運営する統一企業グループ発行の電子マネー「icash2.0」が使われており、現在は台湾セブンイレブンの社員のみだが、顔認証による決済も可能だ。購買情報は給与システムに連携され、給与から天引きする形で清算される。

 また画像認識を利用したPOSシステムは、決済で購入商品を読み取る時に使用される。利用者がレジ台に商品を置けば、カメラが複数の商品をまとめて自動認識する。バーコードを1つ1つ読み込ませる手間がなくなるため、決済における商品読み取り作業は大幅に効率化される。

 X-STOREは2018年1月、台湾セブンイレブンの本社ビル内に設置された。当初利用できるのは、本社社員のみだったが、6月25日より一般消費者の利用も可能になった。3週間で3,000人を超える来店客を呼び込み、7月18日には台北市信義区に2号店(必成店)を開設している。

 台湾セブンイレブンはX-STOREにて最新AI・IoT技術および運営モデルの実証実験を行いつつ、同時に店舗内データのマーケティング活用によって台湾小売業のイノベーション加速を図る。(小椋恒示)

関連キーワードセブンイレブンNEC台湾人工知能(AI)

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース