広瀬すず、池田エライザ、山本舞香らがコギャル姿に!

2018年7月22日 23:39

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

広瀬すず、池田エライザ、山本舞香らが90年代にタイムスリップ!? 彼女たちがミニスカ、ルーズソックスを身につけコギャル姿に扮した姿を、当時流行した“写ルンです”で撮影したメイキングカットが到着した。写真:(C) 2018「SUNNY」製作委員会

広瀬すず、池田エライザ、山本舞香らが90年代にタイムスリップ!? 彼女たちがミニスカ、ルーズソックスを身につけコギャル姿に扮した姿を、当時流行した“写ルンです”で撮影したメイキングカットが到着した。写真:(C) 2018「SUNNY」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 広瀬すず、池田エライザ、山本舞香らが90年代にタイムスリップ!? 彼女たちがミニスカ、ルーズソックスを身につけコギャル姿に扮した姿を、当時流行した“写ルンです”で撮影したメイキングカットが到着した。

 ・広瀬すず、池田エライザ、山本舞香らのコギャル写真

 実はこれ、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』のメイキングカット。本作は2011年に韓国で上映され大ヒットした『サニー 永遠の仲間たち』を、舞台を日本に変え、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめて再構築した作品。

 かつて青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーが、約22年の時を経て、それぞれ問題を抱える大人となり、親友たちと再会するという内容で、篠原涼子が主演をつとめ、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美らと大人になったサニーのメンバーを演じ、高校時代のサニーメンバーに広瀬、池田、山本をはじめ、野田美桜、田辺桃子、富田望生が扮する。

 到着したメイキングカットは、本編撮影中にキャスト同士が“写ルンです”で撮り合ったレアなもの。90年代の女子高生を演じた広瀬らは、クランクイン前に元コギャルから「コギャル講座」を受講したという。

 その甲斐あって、ルーズソックスやショップバックなどのアイテムはもちろん、肌や髪の色、眉の細さなど気合いの入ったコギャル完コピに成功している。

 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は8月31日より全国公開となる。

【関連記事】

 90年代の音楽満載!『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編
広瀬すず、ミニスカ&ルーズソックスで篠原涼子のコギャル時代演じる
広瀬すずらがコギャル姿に!『SUNNY』追加キャスト&ビジュアル解禁
広瀬すず、号泣する横顔写真掲載にファン反響!

関連キーワード広瀬すず池田エライザともさかりえ渡辺直美田辺桃子

「芸能」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース