田辺三菱製薬は脳梗塞急性期の治療薬エダラボン注目され大きく出直る

2018年7月20日 09:59

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■新薬開発力への注目が再燃する様子

 田辺三菱製薬<4508>(東1)は20日、大きく出直って始まり、取引開始後に7%高の2115円(146円高)まで上げて5月8日以来の2100円台を回復した。19日付で、「新規筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬としてのエダラボンの研究開発」により第43回(平成30年度)井上春成賞を受賞と発表し、新薬開発力への注目が再燃する様子がある。

 発表によると、エダラボン(国内製品名「ラジカット」:田辺三菱製薬の登録商標)は、脳梗塞などで細胞が障害される際の因子の一つである酸化ストレスを消去することで神経保護作用を有し、2001年に日本国内で脳梗塞急性期の治療薬として世界で最初に実用化に成功した当社創製のフリーラジカルスカベンジャー医薬品。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース