カヤック 一時ストップ高、コマツと提携して土木建設向けARサービスを8月開始と報道/新興市場スナップショット

2018年7月18日 13:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:59JST <3904> カヤック 997 +70
一時ストップ高。コマツ<6301>と提携し、土木建設向けの拡張現実(AR)サービスを8月に始めると一部メディアが報じている。報道によると「油圧ショベルの運転席などにタブレット端末を設置し、現場の画像に完成図面を重ねて表示する」という。サービスの狙いとして「作業者の経験や勘に頼っていた施工を改善し、熟練作業者でなくても安全で効率的な工事ができるようにする」などと伝えられている。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 左から「のどごしなめらか 冷し山菜おろしそば」、「のどごしなめらか ざるそば」、「冷しとろろそば」。(画像:ファミリーマート発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 利用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)
  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース