「Spectre」関連の新たな脆弱性が見つかる

2018年7月18日 10:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 CPUの投機的実行機能が原因の脆弱性「Spectre」の新たな亜種が報告された。「Spectre 1.1」「Spectre 1.2」などと名付けられており、IntelのほかAMDやARM系のプロセッサも影響を受けるという(Bleeping CcomputerITmediaSlashdot)。

 Spectre 1.1では、本来プロセスがアクセスできない領域に格納されているデータを読み取れる可能性があり、現時点ではこれを使った攻撃を効率的な手段はないという。また、Spectre 1.2ではCPUメモリ上にあるリードオンリーに設定されたデータを書き換えることができるという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
デスクトップ版Chrome 67、Spectreなどの対策としてSite Isolationが有効に 2018年07月15日
Spectre/Meltdown脆弱性の新バリアント2件が公表される 2018年05月25日
Microsoft、Sandy Bridge世代以降のIntelプロセッサーに対応するマイクロコードアップデートを提供開始 2018年05月19日
「Spectre」に似たCPUの脆弱性8つが新たに発見される 2018年05月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース