大きいクリオネと小さいクリオネ、実は同種 極地研の研究

2018年7月15日 19:52

小

中

大

印刷

上のクリオネは10mm程度の「冬クリオネ」、下のクリオネは45mm程度の「春クリオネ」。(画像:国立極地研究所発表資料より)

上のクリオネは10mm程度の「冬クリオネ」、下のクリオネは45mm程度の「春クリオネ」。(画像:国立極地研究所発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 オホーツク海南部沿岸には、1月から3月にかけて出現する小さなクリオネ「冬クリオネ」と、4月から7月にかけて出現する大きなクリオネ「春クリオネ」がいる。これら両者が実は同一の種であったという事実を、国立極地研究所などの研究グループが突き止めた。

【こちらも】富山大、新種のクリオネを発見 北半球最南、日本海固有種か

 研究に参加していうるのは、蘭越町貝の館の山崎友資氏、北海道立オホーツク流氷科学センターの桑原尚司氏、国立極地研究所の高橋邦夫氏である。

 クリオネの仲間は現在、富山湾に棲息する近年発見された新種を含めて5種が確認されている。もっとも有名なものが「ハダカカメガイ」という和名であり、太平洋に棲息する。大西洋や北極海に棲息するものは大型種で、10cm以上にも成長し、近年「ダイオウハダカカメガイ」という和名が提唱された。

 さてオホーツク海南部には前述のように沿岸の冬クリオネと沖合の春クリオネがいる。春クリオネは大きさから見てダイオウハダカカメガイではないかと推測されたため、出現場所、時期、体長が異なる2つの集団の遺伝的解析と比較を行った。

 そして結果として、両集団のDNAに種レベルの相違は無く、「どちらもハダカカメガイである」という事実が分かったのである。

 なぜ同一の種においてこのような外見上の変化などが生じるのか。この二つのクリオネが出現するタイミングは、海流の影響を受けているらしい。同海域は、宗谷暖流、宗谷暖流前駆水、日本海固有水(もしくはオホーツク海の底層水)の湧昇流によって形成される冷水帯、東樺太海流の四つの海流などの消長と一致しているのだという。

 この二つの集団についてさらに詳しい追跡調査を行うことで、地球温暖化に起因する海洋環境の変化に対して生物がどのように応答するかを分析する手がかりが得られることが期待されるとのことである。

 なお、研究の詳細は、Springer社(ドイツ)の海洋科学の学術誌Thalassas: An International Journal of Marine Sciencesに掲載されている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード北海道地球温暖化DNA

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース