冨士ダイス Research Memo(6):連結配当性向50%を目途に適切な利益配分を実施しており今後増配含み

2018年7月13日 17:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:49JST 冨士ダイス Research Memo(6):連結配当性向50%を目途に適切な利益配分を実施しており今後増配含み
■株主還元策

冨士ダイス<6167>は株主還元策として連結配当性向50%を目途に適切な利益配分を実施している。2018年3月期の1株当たり配当金は23円と、前期比1円増配し、配当性向は49.3%とほぼ公約通りの配当を実施、2019年3月期については会社予想EPS48.00円に対して50%となる24.0円配当を予定している。今後、利益の上方修正などがあった場合、これに応じた増配が期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 岡本 弘)《SF》

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース