【株式市場】中国の貿易統計も好感され日経平均は一時504円高となり大幅続伸

2018年7月13日 15:42

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の終値は2万2597円35銭(409円39銭高)、TOPIXは1730.07ポイント(20.39ポイント高)、出来高概算(東証1部)は12億7836万株

 13日後場の東京株式市場は、円安基調が継続した上、中国の貿易統計(6月分)が好調で「米中貿易摩擦の影響はとりあえず顕在化していない」(ロイター通信7月13日12時57分)などと受けとめられ、株価指数の先物主導で日経平均は一段高。13時40分頃には504円90銭高(2万2692円86銭)まで上げた。12日に四半期決算を発表した津田駒工業<6217>(東1)は6月下旬にこの見通しを減額修正していたが大幅続伸。日経平均は2日続伸し、終値で6月22日以来の2万2500円台を回復した。東証2部指数、マザーズ指数、日経JQ平均もそろって高い。

 後場は、ライドオンエクスプレスホールディングス<6082>(東1)が大戸屋ホールディングス<2705>(JQS)との連携本格化などを材料に一段とジリ高傾向になり、13日に決算発表を予定するパシフィックネット<3021>(東2)も一段とジリ高。UUUM(ウーム)<3990>(東マ)はネット上での動画クリエイターや情報発信者を初期段階からサポートする新ポータル「SPAAAK」開設が注目されて一段高。フォーサイド<2330>(JQS)は6月第2四半期の業績に期待再燃とされて急反発。

 東証1部の出来高概算は12億7836万株(前引けは5億8511万株)。売買代金は2兆5472億円(同1兆1666億円)。1部上場2100銘柄のうち、値上がり銘柄数は1547(同1383)銘柄、値下がり銘柄数は473(同599)銘柄。

 また、東証33業種別指数は31業種(前引けは30業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、サービス、繊維製品、精密機器、化学、ガラス・土石、電気機器、その他製品、非鉄金属.金属製品、情報・通信、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース