ライドオンエクスプレスは「大戸屋」との連携本格化が注目され一段高

2018年7月13日 15:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■昨年から試行するオペレーション連携が順調に成果を上げ全国展開を目指す

 宅配寿司のライドオンエクスプレスホールディングス<6082>(東1)は13日の後場一段高となり、14時50分にかけて9%高の2174円(176円高)まで上げ、2016年以来の高値に進んだ。13日付で、宅配寿司「銀のさら」とデリバリー代行サービス「ファインダイン」の店舗・配送網・注文システムを活用し、定食専門店の大戸屋ホールディングス<2705>(JQS)の「大戸屋」の商品メニューをデリバリーする業務連携を強化すると発表。注目されている。

 発表によると、2017年9月から、トライアル検証として、「大戸屋」を「銀のさら」の宅配拠点からデリバリーする取組みを一部店舗にて実施してきた。各種販促や調理と配達のオペレーション連携が順調に成果を上げることができ、今後の本格的な業務提携とエリア拡大について双方の合意に至った。今後は首都圏をはじめサービスエリアの全国拡大を目指す。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース