旭化学 大幅に反落、18年8月期第3四半期は増益も進捗率69.3%にとどまる/新興市場スナップショット

2018年7月13日 09:43

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:43JST <7928> 旭化学 479 -50
大幅に反落。18年8月期第3四半期累計(17年9月-18年5月)の営業利益を前年同期比109.9%増の1.04億円と発表している。受注増加で中国での利益が拡大したものの、国内やタイでは営業損失が膨らんだ。通期予想は前期比108.3%増の1.50億円で据え置いたが、進捗率は69.3%にとどまっており、計画未達懸念が広がっている。また、18年8月期第3四半期連結累計期間に為替差損0.52億円を営業外費用に計上する。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース