村田製作所が高値に迫る、米NASDAQの最高値更新など材料視

2018年7月13日 09:46

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■業績は高水準を続ける見通しで右肩上がりのトレンドを継続

 村田製作所<6981>(東1)は13日、再び出直って始まり、取引開始後に1万9690円(490円高)まで上げて2万円の大台に接近。7月10日につけた2015年以来の高値2万115円に迫っている。

 NY株式市場でハイテク株を中心とするNASDAQ総合指数が6月20日以来の最高値更新となり、買い安心感が広がったようだ。当面の業績見通しは、最高益だった2016年3月期には届かない見込みだが、引き続き高水準を維持する見通し。PERは20倍台で、TOPIXや日経平均が下押した局面でも右肩上がりのトレンドを継続してきた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース