マザーズ先物見通し:円安基調を背景に買い続くか

2018年7月13日 08:58

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:58JST マザーズ先物見通し:円安基調を背景に買い続くか
本日のマザーズ先物は、為替の円安傾向を映して買いが継続するのかが注目されるだろう。円相場は1ドル=112円台半ばと前日に比べ円安が進んでいるほか、米ハイテク株も上伸しており、テクノロジー関連株の多いマザーズ市場にはプラスに働くと思われる。また、時価総額上位銘柄であるミクシィ<2121>やCYBERDYNE<7779>などが続伸するならばマザーズ先物にも好影響を与えるほか、メルカリ<4385>といった直近IPO銘柄が堅調地合いとなれば、個人投資家の投資マインドの改善にもつながるだろう。ただ、三連休を控え、このところの上昇に対する手仕舞い売りも散見され、上値の重い展開になる可能性もありそうだ。上値メドは1060.0pt、下値メドは1020.0ptとする。《SK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース