元広島東洋カープの黒田博樹氏、豪雨被害支援のために1000万円を寄付

2018年7月12日 21:16

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

メジャーリーグや広島東洋カープなどで投手として活躍した黒田博樹氏が、平成30年7月広島県豪雨の支援のために、広島県庁が開設した義援金受付口座に義援金1000万円を寄付したことを、所属事務所が発表した。写真:黒田博樹氏

メジャーリーグや広島東洋カープなどで投手として活躍した黒田博樹氏が、平成30年7月広島県豪雨の支援のために、広島県庁が開設した義援金受付口座に義援金1000万円を寄付したことを、所属事務所が発表した。写真:黒田博樹氏[写真拡大]

写真の拡大

 メジャーリーグや広島東洋カープなどで投手として活躍した黒田博樹氏が、平成30年7月広島県豪雨の支援のために、広島県庁が開設した義援金受付口座に義援金1000万円を寄付したことを、所属事務所が発表した。

 黒田氏は「この度の西日本豪雨でお亡くなりになられた方々にお悔やみ申し上げますと共に、まだ行方不明になられている方々が一刻も早く救助されることを願っています。被災された方々、連日救助活動をされている方々に、少しでもお力になれればと思います」とのコメントを発表している。

 【関連記事】

 YOSHIKIが熊本地震被災者支援のために1000万円の義援金を寄付
震災被害者にサンドラ・ブロックやペ・ヨンジュンらがそれぞれ数千万円を寄付
ブラッド・ピット、今度は同性結婚支援で10万ドルを寄付
ブラピ&アンジーがエチオピアの病院設立のために2億円を寄付!

関連キーワード広島県広島東洋カープ

「芸能」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース