東京為替:ドル・円は上値が重い、中国株は2.2%高で引け

2018年7月12日 16:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:11JST 東京為替:ドル・円は上値が重い、中国株は2.2%高で引け

 12日午後の東京市場で、ドル・円は112円20銭台で上値の重い展開となっている。前日からのドル上昇ペースが速く、利益確定や戻り待ちのドル売りが観測される。ただ、上海総合指数が前日比2.2%高で引け、欧米株高も期待されることでリスク選好的な円売りの地合いは変わらないとみられる。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円92銭から112円37銭。ユーロ・円は130円67銭から131円22銭、ユーロ・ドルは1.1670ドルから1.1687ドルで推移。《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース