サンコーテクノ Research Memo(6):2019年3月期は2円増配の24円配当を予想。「安定増配」基調が継続

2018年7月12日 15:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:36JST サンコーテクノ Research Memo(6):2019年3月期は2円増配の24円配当を予想。「安定増配」基調が継続
■株主還元策

サンコーテクノ<3435>は株主還元を重要な経営課題と位置付け、配当による還元を基本方針としている。株主に対する利益還元の意識は高く、単なる「安定配当」ではなく、「安定増配」を志向している点が特徴的だ。

2018年3月期について同社は、事前の予想どおり前期比2円増配の22円配当を行った。配当性向は22.5%だった。2018年3月期は3期ぶりに増収増益を確保し、おおむね期初予想の線での着地となったため、配当も予定の線で着地した。

2019年3月期について同社は、前期比2円増配の24円の配当予想を公表している。予想1株当たり純利益102.43円に基づく配当性向は23.4%となる。当期は連続増収増益が予想されており、同社の「安定増配」志向に基づいて増配予想に至ったと見られる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)《MH》

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース