FJネクスト Research Memo(2):東京都心を基盤とする資産運用型マンション事業が主力

2018年7月12日 15:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:32JST FJネクスト Research Memo(2):東京都心を基盤とする資産運用型マンション事業が主力
■会社概要

1. 事業内容
FJネクスト<8935>は、東京都心を基盤とした資産運用型マンション「ガーラマンションシリーズ」、ファミリー向けマンション「ガーラ・レジデンスシリーズ」の開発及び販売を主力事業としている。また、販売した物件を中心に不動産管理事業も手掛けている。事業セグメントは、「不動産開発事業」及び「不動産管理事業」のほか、「建設事業」、「旅館事業」の4つに分類されるが、主力の「不動産開発事業」が売上高の88.9% を占めている。

2. 沿革
同社は、現代表取締役社長の肥田幸春(ひだゆきはる)氏が、「人々が高い次元で生活を堪能するための住空間の創造や、長期にわたって資産価値を維持するための総合的な資産運用・管理システムを構築することで、お客様の資産運用をサポートし、不動産の価値を高めたい」と考え、「都市住空間への挑戦と創造を通して豊かな社会づくりに貢献していく」という経営理念のもと、1980年7月に不動住販株式会社として設立された。

1991年には株式会社エフ・ジェー・ネクストに商号変更(2007年には社名表記を株式会社FJネクストに変更) した。1994年から自社ブランドの「ガーラマンションシリーズ」の発売を開始すると、資産運用型マンションに対する賃貸需要、並びに購入需要の拡大を背景として順調に業績を伸ばした。特に、収益還元法に基づく採算性を重視した「ガーラ」ブランドに対する信頼性や認知度の向上が同社の業績を支えてきた。

2004年にJASDAQに上場すると、これまでの供給実績に加えて、上場会社としての信用力や資金力などが、販売面、仕入開発面でアドバンテージを高め、同社の成長を加速させた。2005年に首都圏投資用マンション供給戸数ランキング(不動産経済研究所調べ)で初の第1位を獲得した。2007年3月に東証2 部に上場すると、2013年10月には1部指定となった。

首都圏投資用マンション供給戸数ランキング(不動産経済研究所調べ)では、2015年、2016年に続き、2017年上期(1-6月)でも第1位を獲得しており、業界内での地位を不動のものとしている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)《MH》

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース