スイス時計「アルピナ」のアウトドアスマートウオッチ シチズンから発売

2018年7月12日 21:26

小

中

大

印刷

アウトドアスマートウオッチ「Alpiner X」。(画像:シチズン時計発表資料より)

アウトドアスマートウオッチ「Alpiner X」。(画像:シチズン時計発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • アプリのイメージ。

 シチズン時計は、1883年創業のスイス時計ブランド「アルピナ」の、山登りなどのアウトドアに適したスマートウオッチ「Alpiner X(アルパイナーエックス)」を発売すると発表した。

【こちらも】シチズン、100周年記念限定第2弾の9モデルを発売

 アルピナは、130年の歴史を誇る高級時計メーカーであり、スイス製スポーツウオッチの分野で特に数々の歴史的革新を成し遂げてきた。

 発売は2018年7月下旬。モデルはバンドカラーがオレンジ、ブラック、ネイビーが2種類で、合計4モデル。価格は税抜12万1,000円。

 特長としては、アルピナ初となるUVセンサーを搭載する。9時位置のインデックス下に配置され、この部分に日光があたることで紫外線量を感知、デジタルディスプレイと連動する公式アプリ「Alpiner X」に表示される。

 また、ケースの12時位置にあたる上部には環境センサーが搭載されている。気温、高度、気圧、コンパスの測定機能を持つ。

 リアルタイムに計測されたデータは、時刻や日付などの計時データと同様に、時計文字盤下のデジタルディスプレイに表示される。

 通知機能など、オロロジカルスマートウオッチ機能も搭載する。スマートフォンへの着信、メッセージ受信などを知らせ、歩数、消費カロリー追跡、睡眠パターンの記録と分析などを、公式アプリに接続する。

 E-mail、SNSの通知は、腕時計の震動と針の動きで通知される。もちろんオフにすることも可能で、通知されるアプリを任意・自由に選択できる。電話着信も同様である。

 ムーブメントはMMT-283 コネクティッドムーブメント(クォーツ)。ケース径は45mm。素材はグラスファイバー、ベゼル素材はステンレス。ベルトはラバーストラップである。防水機能は10気圧防水、電池寿命は約2年間となっている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードスイスシチズン

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース