『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEX発売決定

2018年7月11日 20:41

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

全世界興行収入は20億ドル(2200億円/1ドル110円換算)を突破し、日本でも興収37億円を超え、観客動員250万人を突破した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。写真:『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (C) 2018 MARVEL

全世界興行収入は20億ドル(2200億円/1ドル110円換算)を突破し、日本でも興収37億円を超え、観客動員250万人を突破した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。写真:『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (C) 2018 MARVEL[写真拡大]

写真の拡大

 全世界興行収入は20億ドル(2200億円/1ドル110円換算)を突破し、日本でも興収37億円を超え、観客動員250万人を突破した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。2012年公開の『アベンジャーズ』を抜いて、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”史上1位の記録を更新したこの映画が、ついに9月5日よりMovieNEXでリリース。8月8日より先行デジタル配信開始となる。それに先駆け、MovieNEX版の予告編と、本編クリップ映像が解禁となった。

 ・[動画]アベンジャーズは最凶最悪のサノスを倒せるか?『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』驚愕バトルの本編映像

 アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”と、宇宙にうごめく悪の背後に存在し続けてきた最凶最悪のラスボス、サノス。地球を破壊できるほどの圧倒的なパワーをもつサノスの野望は、この宇宙を自身の信じる姿に変えること。6つ集めれば世界を滅ぼす無限の力を手にすると言われるインフィニティ・ストーンを狙うサノスに対し、アベンジャーズが人類の命運を賭けた闘いに挑む!

 解禁となった本編クリップ映像は、アイアンマン、スパイダーマン、ドクター・ストレンジたちが、最凶最悪のラスボス サノスと闘う驚愕のバトルシーン。ドクター・ストレンジが魔術を使い、スパイダーマンが縦横無尽にキックをし、アイアンマンが奇襲攻撃を仕掛ける。しかし、サノスの規格外のパワーに、3人はたちまちピンチに追い込まれてしまう。はたして、アベンジャーズの運命はいかに?

 製作総指揮のヴィクトリア・アロンソは、サノスについて「ただの悪党ではありません。サノスは人類を救えるのは自分以外にないと考えています。ただ、その方法は尋常ではありません」とアベンジャーズと戦う目的を示唆している。正義とは何か? 全宇宙を舞台にした壮絶な戦いが繰り広げられる。

 サノスが狙うインフィニティ・ストーンとは、ブルー、レッド、パープル、イエロー、グリーン、オレンジ色に輝く6つの結晶で、それぞれが「空間」「現実」「力」「精神」「時間」「魂」のパワーを秘めている。インフィニティ・ストーンを意のままに操れるのは、並外れた力を持つ者のみ。6つすべてが揃うと、指をパチンと鳴らすだけで、全宇宙の半分の生命を滅ぼすほどの力を手に入れられるのだ。

 そんな6つの結晶にかけ、今回、本作のMovieNEX発売決定を記念し、本日7月11日の日没から24時まで、横浜マリンタワーがインフィニティ・ストーンをイメージした6色にライトアップされるという。

 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は8月8日より先行デジタル配信開始、9月5日よりMovieNEX、4K UHD MovieNEX、4K UHD MovieNEXプレミアムBOX(数量限定)及び4K UHD ムービー・コレクション(初回限定)がリリースとなるほか、同日、ブルーレイ、DVDのレンタルもスタートとなる。

【関連記事】

 [動画]アベンジャーズが人類の命運賭けた闘いに挑む!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEX予告編
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、興収36億円突破で元祖『アベンジャーズ』超え!
『アベンジャーズ』最新作、早くも世界歴代5位に。日本でも興収30億円突破
映画好きなら押さえておきたい! 大流行の“ユニバース”って何だ!?

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース