三重富士通セミコンダクター、台湾UMCに売却 富士通は全半導体工場を売却

2018年7月10日 19:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 半導体の製造・販売を手がける富士通セミコンダクターが、傘下で半導体の受託製造などを行う三重富士通セミコンダクターを台湾のUMC(United Microelectronics Corporation)に売却することを発表した(EE Times Japan)。UMCはTSMCやGLOBALFOUNDRIESに続く世界第3位の半導体ファウンドリー。

 今回の売却で、富士通グループはすべての半導体工場を売却することになるという。富士通は以前より半導体事業を連結から切り離したいという意向を持っていたようだ。また、最近では自社で工場を持たないファブレスの半導体メーカーが増えているという背景もあるという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア

 関連ストーリー:
富士通がレタスを発売 2014年05月09日
富士通、5,000名の人員削減と4,500名の転籍の計画を発表 2013年02月08日
富士通がLSI主力生産ラインの売却を検討中 2012年07月27日
MicrosoftがCPU/GPUの開発に乗り出す噂 2002年03月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード富士通半導体

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース