MFi認証付きのデバイス、最新iOS端末で利用できない場合も

2018年7月9日 23:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 AppleはiOSデバイス向けの周辺機器に対し、公式に動作を保証する「Made for iPod/iPhone/iPad(MFi)」という認証を行っている。しかし、MFi認証付きの製品でも古い製品だと新しいデバイスやiOSでは正しく動作しないことがあるようだ。AKIBA PC Hotline!によると、ロジテックのiOSデバイス対応USBメモリ「USB memory for Lightning」シリーズの旧モデル(LMF-LGUGWHシリーズ)は、MFi認証を受けているものの、iOS 11ではUSBメモリ内の動画・音声ファイルの再生などが行えず、またiPhone XやiPhone 8/8 Plusには「非対応」になっているそうだ。

 ちなみに後継となるLMF-LGU2GWHシリーズLMF-LGU3AGBK シリーズではiOS 11やiPhone XやiPhone 8/8 Plusにも対応するとされている。

 なお、LMF-LGU2GWHシリーズの製品ページにはMFi認証の説明として「iOSを最新版にアップデートしても引き続き使用できます」と記載されているが、LMF-LGUGWHシリーズの製品ページでは『Appleの正規ライセンス「Made for iPod/iPhone/iPad」を取得した安心して使用できる製品です。』としか書かれていない。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | アップル | iPhone

 関連ストーリー:
中国の電子機器アクセサリーメーカー、AppleがMFiプログラムで反競争行為を行っているとして提訴 2017年09月03日
Apple Watch用充電器内蔵バンド、watchOSの更新で充電できなくなっていた 2016年04月27日
Apple、「MacBook Airを高速化する交換用SSD」に対し生産停止を要請 2010年12月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleiPhoneiPadiOS 11iPhone 8iPhone X

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース