NASA、テキサス上空で「静かな超音速機」の公開実験を11月に開催

2018年7月7日 23:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「静かな超音速機」の研究を進めているNASAが、今年11月以降にその技術を適用した既存の米軍機を使った実験を行うという(CNNEngadgetNASASlashdot)。

 超音速機はすでに実用化されているものの、その際にはソニックブームと呼ばれる爆音が発生する。そのため、たとえば商業化された超音速旅客機として知られるコンコルドでは超音速飛行可能な区域が制限されるといった問題が発生していた。

 NASAは現在Lockheed Martinと共同で超音速機「X59 QueSST」を開発している。この超音速機は大騒音を防ぐ機構が導入されるとのことだが、完成は2021年、実運用は2023年が目標となっている。今回の試験はこの機体ではなく、米軍の「F/A-18」に同様の機構を導入したもので行われるそうで、騒音を市街地上空を飛行できるレベルに抑えられることを確認することが目的だそうだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
中国、最大時速4000kmで運航する列車を開発へ 2017年09月05日
コンコルド以来となる新たな超音速旅客機の試作機が公開される 2016年11月22日
NASA、低騒音・低ソニックブーム旅客機の試作をロッキード・マーチンに発注 2016年03月05日
JAXA、ソニックブームを低減する技術を開発 2015年10月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA米軍

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース