ビデオカードの価格が劇的に改善 仮想通貨バブル終了で需要減

2018年7月7日 23:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 今年1月には仮想通貨ブームやメモリ不足でGPUが品薄に、価格も値上がり中という話があったが、ここ最近では仮想通貨相場が落ち着いており、それにともなってマイニングの需要が減っているという。そのため、GPUの需要も劇的に減少しているそうだ(INVESTOPEDIAHot HardwareSlashdot)。。

 台湾DigiTimesによると、価格が高騰していたEVGA、Asus、MSI、Gigabyteなどの主要ボードメーカーによるグラフィックスカードの入手性は改善し、価格も推奨販売価格に戻りつつあるそうだ。さらに7月はおよそ20%ほどの価格低下が起きているという。

 なお、NVIDIAは次世代GPUを近く発表すると予想されているが、一方でPascalコアの在庫を抱えているとも噂されており、在庫が一掃されるまで新製品を出荷しない可能性もあるという話も出てているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア | お金

 関連ストーリー:
仮想通貨相場急落、価格操作やサイバー攻撃などが原因 2018年06月15日
ビデオカード8枚を直接マウントできるマイニング向けマザーボードが登場 2018年04月24日
GPUのマイニング需要が一段落 2018年04月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード台湾NVIDIA仮想通貨

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース