東京為替:ドル・円は上げ渋り、ユーロ・ドルは一段高

2018年7月6日 16:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:16JST 東京為替:ドル・円は上げ渋り、ユーロ・ドルは一段高

 6日午後の東京市場で、ドル・円は110円60銭付近までやや値を下げる展開。上海総合指数はプラス圏を維持しており、円売りに振れやすい地合いとなっている。ただ、独鉱工業生産の上昇を受けて、ユーロ・ドルが一段高となった影響から、ドルにある程度下押し圧力がかかったようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円53銭から110円79銭。ユーロ・円は129円24銭から129円75銭、ユーロ・ドルは1.1680ドルから1.1727ドルで推移。《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 左から「のどごしなめらか 冷し山菜おろしそば」、「のどごしなめらか ざるそば」、「冷しとろろそば」。(画像:ファミリーマート発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 利用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)
  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース