パナソニックとTeslaのEV向け電池生産、供給数は他社を大きく引き離す

2018年7月5日 23:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 パナソニックおよび米Tesla Motorsは協業して電気自動車向け電池の供給を行っているが、ブルームバーグの調査によると両社による電池供給数は他者を大きく引き離してのトップとなったそうだ。

 ちなみに2位は中国の比亜迪(BYD)、3位はLGだというが、容量換算での供給数でみるとパナソニック/Tesla MotorsはBYDの約2倍ほどだという。パナソニックは受注増に対する供給量不足についても懸念しているとのことで、工場への追加投資についても前向きだそうだ(ロイター日刊工業新聞)。

 なお、TeslaはコンパクトEVセダン「モデル3」が人気で40万台を超える予約があったというが、生産が滞るというトラブルが発生していた。しかし、これらが解決されこのたび週5000台の生産目標を達成したいう。ただ、これは当初に掲げていた目標を半年遅れで達成したにすぎず、一部アナリストの間では今後の生産に懐疑的な見方もあるようだ(CNBCレスポンスBloombergGIZMODOSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ビジネス

 関連ストーリー:
イーロン・マスク、火炎放射器を発売。2万台が売れるも山火事被害のあったカリフォルニア州では反発も 2018年06月07日
Tesla、Consumer Reportsの認定を逃したModel 3をソフトウェア更新で改善する計画 2018年05月27日
米テスラの労働環境はAmazon.comの倉庫並み 2018年05月17日
Tesla、自社が設置した充電設備から商用車を締め出し 2017年12月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車中国パナソニックテスラモーターズ

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース