中国、裁判所でAI技術活用 音声認識や画像認識技術を導入

2018年7月4日 19:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 中国でAI技術を裁判所で活用するという試みが行われているそうだ(Forbes)。

 活用が検討されているのは音声認識や画像認識といった技術で、これらを使って証拠物件を確認したり、発言を自動的にテキストデータ化することで、審理過程の効率化、裁判の進行管理などを目指すという。

 こういった技術はすでに中国各地の400もの法廷でテスト導入されているそうで、法廷審問にかかる時間を30%短縮できたというデータもあるそうだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 人工知能 | 中国

 関連ストーリー:
国内初、AIライターを採用したWebメディア 2016年11月12日
ヤフー、顧客からの問い合わせを人工知能で処理へ 2016年11月02日
人権侵害関連裁判の判例から判決を予想できる人工知能が開発される 2016年10月27日
参議院の速記をパソコンで 2006年05月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国裁判

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース