ライフ RSS

 

カフェインをトリガーにインスリン分泌促すホルモンの生成に成功

2018年7月3日 19:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 遺伝子操作により、カフェインに反応して糖尿病治療に使われるインスリンを分泌させる細胞を作り出すことに成功したそうだ(GIGAZINEArs TechnicaSlashdotNature Communications掲載論文)。

 研究者らはラクダの体内にある「カフェインに反応する抗体」を元に、遺伝子操作によってカフェインに反応してインスリンの分泌を促すホルモンを産生する幹細胞を作成してマウスに投与したという。そしてこのマウスにコーヒーを投与したところ、カフェインに反応してこの細胞がホルモンを産み出し、それに反応してインスリンの分泌がうながされることが確認できたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック

 関連ストーリー:
白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変える「痩せ薬」が実現される日は近い? 2014年12月17日
Bluetooth接続されたスマホで制御する人工すい臓、開発中 2013年07月10日
豚の細胞を人体へ移植する実験、ニュージーランドでゴーサイン 2008年10月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコーヒー糖尿病遺伝子カフェイン

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース